ヴィクトリアンヴィレッジ長尾の特徴

米国では、100年以上前から広く認知され、現在でも変わらず愛され、受け継がれている一般的なスタイル(外観)の
住宅です。
サンフランシスコのペインテッドレディースに代表されるように、建築から30年経っても、50年経っても陳腐化してしまうことはなく、年代を意識させない伝統的なスタイルの住宅です。またヴィクトリアンスタイルの住宅は集団(街並)としても個性を主張するデザインでもありながら、一軒一軒が、
隣と違った個性を表現できる住宅です。


個々の住宅は街並をつくる上で、重要なパーツになります。
ヴィクトリアヴィレッジ長尾では、『街並は、そこに暮らす住人みんなの共有の財産である』という考えを持った住宅街です。
街並を守ることは、ヴィクトリア ヴィレッジ 長尾の資産の下落を防ぎ、ヴィクトリア スタイルの異空間は憧れの街へと成熟していきます。

※掲載写真はすべてイメージです。