コンセプト

日本の住宅は長持ちしない?
米国の住宅の利用期間は平均55年、英国では平均77年です。日本では平均『30年弱で壊されてしまう』と言われ、20年もすればその価値はゼロに近くなってしまいます。この状況から日本では『長期優良住宅の普及の促進に関する法律』を策定し住宅を長持ちさせるための取り組みを行なうようになり、住宅の価値を正しく維持する考えへと方向転換を行なっています。

   


日本の住宅と欧米の住宅の違いは?

住宅は性能・機能・外観が基本的な3大要素です。
日本の住宅は欧米の住宅と比較して


外観はどう違う?

日本の住宅は車や家電製品のように毎年新しい外観の住宅が売り出されています。住宅展示場の住宅は2〜3年程度で新しい外観のものに建替えられてしまいます。
流行の新しいものが発表されると、以前のものは古臭くなってしまい、目も留まらなくなってしまいます。発売当時は斬新だったのに・・・。
欧米の住宅は流行の外観をよいものとしません。新築であっても、
伝統的な外観デザインの住宅を建てます。


伝統的(クラシック、トラディショナル)
日本では新築ではない住宅は「中古住宅(消費財産)」として扱われ、たとえ性能上・機能上問題なくても30年程度で取り壊されます。欧米では「既存住宅(資産)」として扱われ、入替の可能な「性能」・「機能」部分をリフォームして長い期間維持されます。その違いの原因は全前述しました通り、外観にあると考えられます。
短期的なトレンドは中長期的には廃れやすく、流行に左右されない伝統的(クラシック)なものは30年後も50年後も支持されます。機能・性能も大切であることも忘れてはいけませんが、長持ちする住宅とは、性能がより良いものではなく、機能がより充実しものではなく、いつも時代でも受け入れられる外観デザインの住宅であり、30年後も「この家に住みたい」「こわすのがもったいない」と思われるような住宅であると思います。また、最近話題のエコ機能よりも、住宅を建て替えないことの方が地球環境に優しいことかもしれません。

街並み

日本では京都の町屋・倉敷の美観地区・長浜の黒壁の街並みを見ると、この街に住んでみたいと思う人は少なくないと思います。
海外のTVドラマや映画に出てくる住宅街(サンフランシスコのペインティッドレディース・フロリダのセレブレーションなど)を見ても、住んでみたいと思う人は多いでしょう。
その理由は、街並みを構成する個々の建物がその色や、質感、材質等の共通条件の中でバランスよく調和されているから、『懐かしい・美しい・ほっとする・感動する』など、人によって印象は違いますが、住みたいと感じるのではないでしょうか。



景観としての街並み

日本でよく見かける20年〜30年前の住宅地は、一軒一軒を見れば和風で懐かしいものや、美しいと感じるものがあるのに隣はプレハブの住宅があったり、その横には斬新なデザイナーハウスがあったり、街並みはバラバラで、圧倒されたり、感動させられたりすることが少ないと思いませんか。
個々の住宅が一軒では実現できない『街並みとしての景観』を
作り出しています。
京都の街並みやサンフランシスコのペインティッドレディースは古いながらも伝統的(トラディショナル)な外観デザインの街並み(=景観)として10年後も、もっと先も、その価値を維持するでしょう。
右の写真Aは20年前に分譲された神戸市西区のシアトル村・バンクーバー村です。写真BはAと同じ時期に分譲された住宅地です。どちらが魅力的かどうかは個々の価値観によりますが、20年後も『景観』として懐かしい・美しいと感じる街並みにするためには、『伝統的(トラディショナル)』な外観デザインで調和の取れた住宅の集合体として維持しなければならないと思います。
街並み景観をつくりだす個々の住宅は重要なパーツになります。ですから、『街並み景観』は個別の住宅の外観デザインよりも優先される公共性の高い空間であると考えるべきではないでしょうか。